Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yurisagara.blog100.fc2.com/tb.php/13-ce28e66f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

自キャラを振り返る Vol.3

自キャラを振り返ろうその3は……なんだか無理に振り返る必要もない気がするorz
色々と曰くつきなアグラム神官『ハツキ=キサラギ』について、と。
実は、ハツキ本人よりも…(以下追記で)


普通にまあ、神官を作ろうかというだけだったはずのハツキだったのですが。
グラードオリジナルの『エンジェル』が、まさかタイムシフトの引き金になるとは……

作った当初の矛盾を整理する意味でも、全部吐き出してしまうとしましょうか(溜息)
なお、ここで書くことは最終設定なので後付が異常に多いのは勘弁のほどを。

ハツキは捨て子だという設定でしたが、実際にこちらの世界(グラード)に親がいるわけではありません。
ウィルの項でちらっと触れている『タイムスパイラル(時の螺旋)』によって、その魂が元の世界で転生されずグラードに降り立ちました。
実は彼女の弟であるミツキもそうなのですが。姉弟はグラードに生まれたときに離れ離れになったわけです。

実に彼女を巡って、色々な騒動が起こるわけで……

キャラ自体は書くことはそこまでないわけで。
ここからは彼女を取り巻くNPCについて。これこそ膨大な量が…orz


【守護天使・シュウ】
まず、彼が居なければハツキというキャラは生まれませんでした。もちろん後述のNPCの大半も。
実は、ハツキにとってだけでなく私自身にとっても存在の大きいNPCなのです。

『親友の血を引く一族を護る』

それが彼の存在意義。
彼はかつて、非業の死によってその生涯を閉じました。
しかし、ある存在によって。永遠の時を盟約によって生きる『守護天使』となり、大切な者とその一族を護ることとなります。

これが、現実世界で10年以上前に作った彼の設定。

グラードにタイムシフトした彼は、一族の転生者であるハツキを見つけますが。
その強大な力は、この世界が受け入れるには異質すぎ。
己の双剣をハツキの守護とすることで、彼女を護るという目的こそ果たせたものの。

……最後は、己の力が及ばないことを悔やみ、絶望に堕ち。
破滅の道を歩むことになります。


【堕天使・タツキ】
一見何の関係もないと思われるタツキ。
実は、彼の『表の存在』こそがシュウなので一概に関係ないとは言えなかったり。

実は、グラードでシュウが歩んだ運命は本来タツキの運命だったりします。
しかし、彼自身は同じく護るべき一族の転生者である『ルカ=ヒナオ』と邂逅し。
2人はグラードの世界で仲睦まじく諸国漫遊の旅に。

そう。時の螺旋、ひいては次元の混乱が彼らの運命を入れ替えてしまったという皮肉。


ちょっと長引きそうなんで残りは次回に回しましょう。
まあ、NPCの話ばかりなんですけどね(苦笑)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yurisagara.blog100.fc2.com/tb.php/13-ce28e66f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

紫乃宮夜羽(しのみやよわ)

Author:紫乃宮夜羽(しのみやよわ)
ドワーフと筋肉をこよなく愛する変人。遊戯会では『樽神』と言われることもw

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。